2006年01月06日

PQBoxをホットキーでON/OFFする方法

PQBoxをホットキーで出したり消したりする方法がわかったので記事にしました。
これを使えば必要な場面でPQBoxを使用することができます。まずPQBoxを起動します、するとToday画面の下にアイコンが出るのでそのアイコンをタップ。

today-pqbox.png

出てきた白いウィンドウの中にメニューの文字があるのでそこをタップ。
するとメニューが出てくるのでその中にあるセットアップをタップします。

pqbox-setup.png

ホットキーのタブをタップしてキーコードの欄にPQBoxを出し入れする(ON/OFF)時に使用したいキーを入力します。
たとえば「Ctrlを押しながらL」で出し入れしたいならキーコードに「L」または「0x4C」と入れてCtrlにチェックを入れます。
特殊なキーはPQBoxのサイトにあるキーコード一覧表の16進数コードの部分の数値を例のように「0x」に続けて入力してください。

pqbox-hot.png

あとはメモ帳などを起動してさっき設定したホットキーを押せばPQBoxが出現するので入力してみてください。
スペースキーか上下キーで推測変換候補を変えられるようです。

pqbox-test.png

pqbox-desu.png
posted by gtksix at 23:04 | Comment(6) | TrackBack(0) | アプリ・ソフト
この記事へのコメント
わざわざページにしてくださってありがとうございます。

試してみた結果…結果的には出来ましたが色々とハードルがありましたのでご報告しておきます。

PQBoxのバージョンが違うのか、私の場合は白いウィンドウ右上の灰色のメニューとかが出てません。左上(正確には打つ文字の右下)にあ(黒)左上矢印(緑)←(青)があるだけでメニューを出すだけで大変でした。縦画面では白画面が下を覆ってしまうので横画面でPQBoxの白画面を出し、縦方向に変更、そうすると縦画面の最下部が少し開いてPQBoxのアイコンが見えるのでダブルタップしてメニュー表示(この表示も上記のように日英切り替え・・とかはなく「JIS送信、セットアップ、辞書登録、PQBox終了」と4項目しかありません)、で上記のようにCTR+Lを設定しました。(Lと半角大文字で打ったら認識しなかったので、0x4Cで入れました)

これで結果的に使えるようになりましたが、自分の使いやすいように単語登録していかないとダメみたいですね。自己学習してくれればいいのですが・・・

ありがとうございました。
Posted by motoy at 2006年01月07日 22:56
ComPOBox乙っていう予想変換ソフトを使ってみたことがあるのですが、PQBoxはキーボード入力時も予想変換できそるのでしょうか?
Posted by まえすとろ at 2006年01月08日 01:53
>>motoyさん
スクリーンショットで使ったPQBoxのバージョンはPocketPC向けのver0.63ですがどうでしょうか。
http://homepage2.nifty.com/qta/pqbox/pqtest.htm
↑ちなみにここから落とせますよ、一覧表のPQBoxのリンクがわかりづらかったのでPocketPC向けの直リンクに直しておきました。

>>まえすとろさん
PQBoxはキーボード入力時でも予測変換できますよ。
Posted by gtksix at 2006年01月08日 22:46
補足ですがダウンロードしたPQBoxのファイル名はpb063arm_ppc2k2.lzhです。
Posted by gtksix at 2006年01月08日 22:53
試してみます!
ありがとうございます。
Posted by motoy at 2006年01月09日 15:05
PQBoxのON/OFFの方法を探していましたが、このページで解決できました。
ありがとうございました。
Posted by tobby at 2006年09月03日 16:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。