2006年01月27日

GSPlayer for MIDIで高音質なmidi再生

W-ZERO3は標準ではJavaアプリでしかmidiを再生できません。
ですがフリーソフトですでにPocketPC向けのソフトシンセがいくつかあり再生することは可能です。
そのなかで今回はTimidityのエンジンを使用しその音色ファイルによっては高音質なMIDI再生環境を構築できるGSPlayer for MIDIの導入方法を紹介します。
まずGreen Softwareさんの提供されていたソフトウェアを再配布しているサイトからGSPlayer for MIDI 1.13をダウンロードします。
そして次に音色ファイルをダウンロードするのですがこれは種類がたくさんあり、サイズが大きいほど音質が良くなります。
ですが読み出すのに時間がかかるのでほどほどのファイルサイズで見切りをつけたほうが言いかと思います。
今回はTiMidity だだだだ!の下のほうにある「でかでか zip file はここ」から約10MBのサウンドパッチをダウンロードします。
ダウンロードできたらプレーヤーと同じフォルダあたりに解凍します。(なるべく浅い階層で、miniSDでも可)
GSFinderで解凍したフォルダ内にあるtimidity.cfgを選択し「編集」→「パスをコピー」します。
そして〇号テキストエディタなどでサウンドパッチのフォルダ内にあるtimidity.cfgを開きます。
中ほどにある「dir /nethome/sak95/shom/timidity/inst/GUS」以下の3行を消し新たに「dir 」(←要半角スペース)と打ちその後ろに先ほどコピーしたパスを貼り付けます。
ちなみにパスを貼り付けると出てくる区切りの円マーク「¥」をスラッシュ「/」に直す必要はありません(直さなくても動きました)
貼り付けたらパスの後ろの部分「timidity.cfg」を消しかわりに「inst」と打ち込みます。
そしたらその行をコピーし2つ同じものをすぐ下に貼り付けます。
複製した1つめは後ろに「\GUS」2つめに「\test」とそれぞれ打ち込みます。
そうすると以下のようになるはずです。
dir \miniSDカード\gsplayer\shominst-0409\inst
dir \miniSDカード\gsplayer\shominst-0409\inst\GUS
dir \miniSDカード\gsplayer\shominst-0409\inst\test
あくまで例ですのでパスの中ほど「miniSD」付近は人によって違います。
できたら上書き保存してください。
またtimidity.cfgのパスをコピーします。
今度はGSPlayer for MIDIを立ち上げて「ファイル」→「オプション」と選択し、設定ファイルにtimidity.cfgへのパスを貼り付けます。
そしてOKをタップしいったん終了させます。
再度起動させてmidiを読み込んで再生してみてください。
音が流れれば成功です。
ただしどうも不安定で停止させたりちょっとしたことでときどき落ちます。
この不安定さがいやな場合は音質が多少犠牲になりますがMID-Playを使ってみてください。

posted by gtksix at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(2) | アプリ・ソフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12371804
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[W-ZERO3]MIDI再生
Excerpt: そのなかで今回はTimidityのエンジンを使用しその音色ファイルによっては高音質なMIDI再生環境を構築できるGSPlayer for MIDIの導入方法を紹介します。
Weblog: 伊藤浩一のW-ZERO3応援団
Tracked: 2006-01-28 08:11

[ es ]アプリとハード検証の覚書
Excerpt: 多くのブロガー様により、 es と es 用アプリの検証が数多くエントリされております。常々拝見させていただいているサイト様へ敬意を込めてのリンクを掲載させて戴きたいと思います。 es の使用に..
Weblog: a nomaly's Diary
Tracked: 2006-09-30 06:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。