2006年03月24日

Javaアプリ「ぼくは航空管制官 中級 関西国際空港編」レビュー

ひさしぶりにJavaアプリのレビュー(評価?)です。
今回は通称「ぼく管」の関空編をレビューしようと思います。
なぜ中級からかというと初級だと暇になりそうな予感がしたからです(笑
結論から言うと、中級でも暇なときがありました。
しかし、中級をなめてかかるとゲームオーバーになります。

まず、出発機の交信に時間のかかる「ルート確認」と到着機の「アプローチ継続」が重なるときがあり、ここでルート確認を後にしてしまうとアプローチ継続が間に合わずゴーアラウンドとなり着陸がやり直しとなってしまいます。
そのためルート確認が来たときは瞬時に周りの航空機の状況を見定めて指示を出す必要があります。
ここがパズルと言われるゆえんでしょうか。

あと早すぎてもダメな場面があります。
到着機が停まるスポットがなくなってしまうからです。
出発機は時刻通りに出て行きますので到着機もある程度余裕を見て着陸させるといいかもしれません。

操作性としては現在使用できるのが十字キーのみなので若干操作しづらいかもしれませんが慣れればなんとかなりました。
それでもダメな気がする方は4月下旬に出るタッチパネル対応版にする手もありますが525円になってしまいます。
でも無限管制があるので高いけど魅力的です。

慣れないとルールがわかりづらいかもしれませんが頭を使うゲームが好きな人にはオススメです。
posted by gtksix at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Javaアプリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15391990
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。